吉田佳志【最新情報】エアコンプレッサー茨木県龍ケ崎市お遊びで死亡

吉田佳志容疑者
スポンサーリンク

【事件あらすじ】
①吉田佳志容疑者34と石丸秋夫さん46は同僚(茨城県龍ヶ崎市の会社)

②吉田佳志容疑者が石丸秋夫さんの尻にエアコンプレッサーで空気注入

③石丸秋夫さんが体調不良を訴え亡くなる

④吉田佳志容疑者逮捕

吉田佳志容疑者の事件詳細

茨城県龍ケ崎市の会社で、空気を放出するエアコンプレッサーを使って会社員の男性の体内に空気を注入する暴行を加えて死亡させたとして、同僚の男が傷害致死の疑いで警察に逮捕されました。調べに対し、容疑を認めたうえで「悪ふざけでやってしまった」と供述しているということです。

逮捕されたのは、茨城県龍ケ崎市にある建設機械や農業機械の製造などを行う会社の社員で、茨城県つくば市に住む吉田佳志容疑者(34)です。

警察によりますと、吉田容疑者は13日午後5時ごろ、勤務先の工場でエアコンプレッサーを使って、同僚で千葉県柏市の石丸秋夫さん(46)の体内に、肛門から空気を注入する暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死の疑いが持たれています。

当時、吉田容疑者と石丸さんはほかの同僚と作業中だったということですが、空気を注入された石丸さんが体調の不良を訴えたため、一緒にいた同僚が消防に通報し、病院に搬送しましたが、死亡したということです。

調べに対し、吉田容疑者は容疑を認めたうえで、「悪ふざけでやってしまった。死ぬとは思わなかった」などと供述しているということです。
警察は当時の状況やいきさつをさらに詳しく調べています。

スポンサーリンク

吉田佳志について

【名前】:吉田佳志

【年齢】:34

【住所】:茨城県つくば市

【容疑】:傷害致死(衣服の上から吹き付けてたが大量の空気が体内に入ったと思われる)

【供述】:「悪ふざけでやってしまった。死ぬとは思わなかった」

スポンサーリンク

吉田佳志容疑者に罪について【疑問】

会社の同僚たちの話を聞けば、吉田佳志容疑者と石丸さんとの関係が明らかになってくる。二人の仲が良ければ、同意を得てエアコンプレッサーを尻に注入したことくらいは分かるはずである。

じゃあ吉田佳志容疑者は無罪になるのだろうか?おそらくそれはないだろう。

エアコンプレッサーを使って空気を体内に注入する行為がどれだけ危険かというのは、誰でも理解できるからだ。

傷つけることは100%無いと確信している上でやっているのであれば間違いなく無罪になる。ただエアコンプレッサー注入であれば話は別。

エアコンプレッサーについて考えればすぐに分かる

スポンサーリンク

エアコンプレッサーとは

エアコン・プレッサーではなく、エア・コンプレッサー。空気の力で色々する道具。

圧縮した空気をすごい勢いで飛ばすことによって、ねじをつけたり、オイルを吹き飛ばしたり、使い方は様々だ。分かるのは、相当な力と相当な空気が出ているため、尻に入れるのは相当危険な行為であったということ。

危険であることは承知で、肝試し間隔に二人が悪乗りでやってしまったことなのではないかと思われる

「危険であることを分かっている」というのは、罪を考えるうえで非常に大事で、何百回やっても一度も怪我をしたことがないというものにおいて怪我をしたら予想がつかないため、傷害致死もなくなる。しかしそうでないなら、「エアコンプレッサー」における尻行為は危険だと分かっていたはずだろう。

スポンサーリンク

吉田佳志容疑者の事件の場所

茨城県龍ヶ崎市の会社で行われた事件だ。

エアコンプレッサーを使った傷害致死ながら、二人の仲の良さが見えて辛い事件ではある。しかし上記でも述べた通り、同意のもとだから無罪になることはないだろう。やってしまった瞬間、被害者と加害者。彼らの気持ちが分からないわけではないので、余計につらい

スポンサーリンク

吉田佳志容疑者へのネットの声

・またか。前も同じ悪ふざけで亡くなってるよな。ニュースを読めニュースを

・空気を入れるとこじゃないでしょ

・穴があったら空気を入れたい病かよ

・友達殺しか。こりゃ一生後悔残るな

・エアコンプレッサーは空気圧縮してるわけだしな。とんでもない圧力でてるぞ

・いい年してか。年老いても悪ふざけできるのはイイと思うけれど、大人になると扱える危惧が危険になる分、気を付けたいな

・会社に入ると色んな器具の危険性について説明するじゃん。エアコンプレッサーもやるべきでしょ。ケツに噴射して死亡事故が実はしょっちゅうあるって。悪ふざけをしないようにって