加藤崚介さん沖知漁港付近で素潜り中に行方不明になり、2日後発見される

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【加藤崚介の海難事故の記事:4行要約】

仲知漁港で男性が行方不明になる事件が起こった

男性は大学時代の後輩二人と素潜りをしていたが、集合時間に帰ってこなかった

③死亡したのは、茨木県つくば市の会社員、加藤崚介さん26歳

④加藤崚介さんは、行方不明から二日後、仲知小島沖200mの水深28メートルで発見された

加藤崚介さんの海難事故の報道内容【長崎県新上五島町の仲知漁港】

 長崎県新上五島町の仲知漁港付近で12日、茨城県つくば市の会社員、加藤崚介さん(26)が素潜り中に行方が分からなくなり、捜索していた海上保安庁の潜水士が14日午前9時50分ごろ、同町の仲知小島沖約200メートルの水深約28メートルの海底に沈んでいる加藤さんを発見した。五島海上保安署によると、加藤さんは新上五島署で死亡が確認された。

 同保安署によると、加藤さんは12日午前8時半ごろから、大学時代の後輩2人と素潜りをしていた。集合時間になっても加藤さんが戻らず、後輩が同午後3時ごろに118番した。海上保安庁と県警などが捜索していた。

スポンサーリンク

加藤崚介さんについて

【名前】加藤崚介

【年齢】26

【住所】茨木県つくば市

【職業】会社員

【死因】溺死

【事故原因】調べてみると、加藤崚介さんらが素潜りをしていた仲知漁港付近は、事件当時波も穏やかで視界も非常に良かったという。加えて仲知漁港周辺の海は非常に綺麗で、しけによる事故の可能性は低い。

であれば、原因は二つ。1つは深みに嵌まってしまったということだ。思いもよらぬほど深い場所に踏み入れて体が沈んでしまい、引っかかって上がれなくなってしまった。海が穏やかであったということで、油断して沖の方に出てしまった可能性もあるだろう

2つ目は、何かの拍子に水を多く飲み込んでしまったものと考えられる。それこそ深みに嵌まるという驚いたりすることにありうる。一度に多くの水を飲みこむと、大量の水が時間に入り込んでしまう。すると人間は平衡感覚を麻痺させて海中ではろくに浮かぶことができなくなる。素人ではパニックになってあがき浮力を失って溺れてしまう。

知らない海で素潜りをするときは、緊急避難用の浮力があるものを自分の体に結び付けておくことが1つの対策と言える。素潜りは楽しいが、素人にとっては常に危険と隣り合わせであることは忘れてはならない。

国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ