久野晴也さん豊川での水難事故【岐阜市】原因は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【久野晴也さんの水難事故の記事:4行要約】

豊川で男子中学生が溺死する事故が起こった

中学生は、保護者や友人たちと川遊びをするために訪れていた

③死亡したのは、愛知県岡崎市の中学生、久野晴也さん14歳

④豊川の状況は普段と変わらなかったそうだ

久野晴也さんの水難事故の報道内容【豊川】

愛知県新城市の豊川で14日午後、川遊びに来ていた中学2年の男子生徒が流されました。しばらくして下流の川底で沈んでいるのが見つかり、すぐ引き上げられましたが死亡が確認されました。

新城市庭野の豊川で午後1時45分ごろ、「川遊び中に子供がいなくなった」と警察に通報がありました。

流されたのは中学2年の男子生徒(14)で、通報を受けた警察と消防がヘリコプターなどで捜索したところ、およそ1時間半後に下流の川底で沈んでいるのが見つかりました。

男子生徒(14)はすぐに引き上げられましたが死亡が確認されました。

男子生徒は同じ野球クラブの仲間と保護者らあわせて26人で川に遊びに来ていたということです。警察によりますと、現場付近は普段と流れは変わらなかったということです。

スポンサーリンク

久野晴也さんについて

【名前】久野晴也

【年齢】14

【住所】愛知県岡崎市

【職業】中学2年生

【死因】溺死

【状況】同じ野球クラブの友人と保護者ら26人で川に隣接するバーベキュー場に来ていたようだ

【事故原因①】

人数が置かったということで、油断したことがまず1つ。川遊びや海で遊ぶときには細かい声掛けが重要になってくる。単独行動は厳禁、全体に誰かが誰かを見ている状況が望ましい。

久野晴也さんがいなくなって通報した時に「川遊び中に子供がいなくなった」と通報があって、1時間半後に下流の川底で発見されている。

つまり、久野晴也さんが誰も見ていない状況で単独行動をする状況が出来ていたということである。

【事故原因②】

川遊びを危険視していなかったということもあるかもしれない。実は豊川では先日も18歳男性が命を落としている。しかも友人たちの目の前で皆が見ている状況であったにもかかわらず、流されて助けることができなかった。秋川でも

つまり先ほど言った対策「常にだれかが誰かを見ている状況」を作っていてさえ、水難事故は起こりうるということ。それほど川遊びは危険だし、甘く見ても良いものではない。

川遊びをするときは、皆がライフジャケットもしくは浮き輪を身につけるのが1番だ。それ以外であれば、川遊びをして命を落としてしまうのは、起こるべくして起きた、そして防ぐことができた事故と言える。めちゃくちゃだと思うかもしれないが事実だ。そのぐらい細心の注意の居るものが川遊びだと理解していない人が多い。

【川の流れは本来海なら遊泳禁止になるレベル】

海では波の高い場所では遊泳禁止になる。泳ぐのには危ないし、容易に溺れうるからだ。
そして川のような流れがあるなら、海なら絶対に開放されることは無い。つまり川はそれだけ危険であるということだ。抽象的にでもこれを知っておくだけでも心構えが変わってくる。

つまり「ここは区分として川だから泳ぐのが禁止されていないだけで、海だったら遊泳禁止のエリアになるような危険な場所」ということ。皆がやっているから大丈夫という主張がとおってしまっているのも問題なんでしょう

川遊び、海水浴は楽しい。だがそれは命の危険と隣り合わせであるということを覚えておいてほしい。安全を省みず水に入るのは、ネジの閉まっていないジェットコースターに進んで乗るようなものだ。皆さんの命にかかわることなので、ぜひとも肝に銘じてください。その懸念こそが不安を生み、あなたの命を守ってくれることを願います

水難事故が不安なら絶対に買っておくべき「Kingii」

kingii | This wristband saves lives from drowning

こういう緊急避難の道具があることを知識として知っておいてほしい。そうすれば、救えるはずの命もいくつかあるはずである。
>>「kingii」を見に行く

国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ