やたにたかひと【きらぼし銀行】死体遺棄、殺人。何故発覚したのか?

弥谷たかひと
スポンサーリンク
スポンサーリンク

弥谷鷹仁(やたにたかひと)の報道詳細

自分の妻とみられる遺体を、実家に埋めた疑いで、銀行員の夫と、その母親が逮捕された事件で、妻が立ち去ったとされる現場の防犯カメラには、妻の姿が映っていなかったことがわかった。

銀行員の弥谷鷹仁容疑者(36)は、2018年3月、母親の恵美容疑者(63)とともに、妻の麻衣子さんとみられる遺体を、茨城県内の実家に遺棄した疑いが持たれている。

麻衣子さんの父親は、「(どういう娘だったか?)明るいといえば明るい、現代の女性という感じ」、「家族全員が、なぜ、こんなことになってしまったのかと思っている」と話した。

弥谷容疑者は、当初、「車の中で口論になり、妻は千葉・我孫子市内で車を降りて、どこかへ行ってしまった」などと捜索願を出していた。

しかし、周辺の防犯カメラに妻の姿が映っていないなど、不審な点があったため、警察が事情を聴いたところ、「実家に妻の遺体を埋めた」などと話したという。

警察は、弥谷容疑者が、麻衣子さんを殺害したとみて追及する方針。

弥谷鷹仁は”きらぼし銀行”の銀行員

【名前】:弥谷鷹仁

【年齢】:36歳

【住所】:千葉県柏市

【職業】:きらぼし銀行

【容疑】:妻の遺体遺棄

【供述】:実家に妻の遺体を埋めた

弥谷鷹仁は、きらぼし銀行の銀行員として高い社会的地位を有していました。きらぼし銀行の新卒ページでも社員紹介対象に人間として選ばれるほど優秀だったようですね。

弥谷鷹仁の実家

これは実家です。大きな家ですよね。家の左側に見える緑の柵の内側が庭です。かなりの敷地面積があります。

実は、両親は会社経営をしていて、母親である弥谷鷹仁容疑者はカフェのオーナーまでやっていました。弥谷家はかなり金持ちなんですね

弥谷鷹仁の犯行、何故発覚したのか

弥谷鷹仁は、「車で口論をしたあと、嫁が車から戻ってこなかった」といって警察に捜索願を出していました。

警察が調べを進めていたところ、現場に合った防犯カメラに妻の姿が映っていなかったようですね。

そこで弥谷鷹仁に事情を聴いたところ「実家に妻を埋めた」と供述したようです。隠しきる自信が亡くなったとみていいでしょう。現在では、殺人をほのめかすようなことも吐露しているようです。警察は殺人容疑でも捜査をすすめています。

ネットの声

・きらぼし銀行って、横領があったとこだよね、最近。ついてないね。弥谷麻衣子さんも救われんね

・なにかあったかね。ママも協力して死体遺棄。大事にしちゃったな

・全く話が見えないんだが

・エリートでもこんなアホな選択するもんなんだな。やっぱり誰でも起こりうることだって思っておかないといざってときに殺人おかすのかもしらんな

・弥谷鷹仁ね。よくわからんが、マザコンの夫に嫌気がさして、大げんかに発展する例はどっかでみたことがあるな

国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ