子供の名前

世界陸上で日本のメダルの数を歴代で見てみる

Sponsored Links

 

2013y08m12d_083715798

世界陸上と言う大舞台で、体格と言う大きなハンデを物ともせず

世界の超人たちを退けてメダルを取った。

そんな日本のメダルを歴代で見てみる

 

Sponsored Links

 


 

世界陸上での日本のメダル【歴代】

金メダル(4) 銀メダル(6) 銅メダル(11)
1991年東京 男子マラソン
谷口浩美
女子マラソン
山下佐知子
1993年シュツットガルト 女子マラソン
浅利純子
女子マラソン
安部友恵
1997年アテネ 女子マラソン
鈴木博美
女子1万m
千葉真子
1999年セビリア 女子マラソン
市原有里
男子マラソン
佐藤信之
2001年エデモントン 女子マラソン
土佐礼子
男子ハンマー投げ
室伏広治
男子400m障害
為末大
2003年パリ 女子マラソン
野口みずき
女子マラソン
千葉真子
男子200m
末続慎吾
男子ハンマー投げ
室伏広治
2005年ヘルシンキ 男子400m障害
末松大
男子マラソン
尾方剛
2007年大阪 女子マラソン
土佐礼子
2009年ベルリン 女子マラソン
尾崎好美
男子やり投げ
村上幸史
2011年大邱 男子ハンマー投げ
室伏広治
2013年モスクワ   女子マラソン
福士加代子

以上が歴代で見た世界陸上で日本が獲得した全メダルです。

金メダル:4

銀メダル:6

銅メダル:12

と言う数になります。

 

世界陸上こと世界陸上競技選手権大会が

初めて開催されたのは1983年フィンランドのヘルシンキ。

1991年に開催された東京大会以来、1995年を除いて

全ての年で数は少ないながらメダルを取っていますね。

 

1991年に日本で世界陸上が開催されたこと、

そして男子と女子で金メダルと銀メダルの計2つを獲得して

陸上と言う競技に力を入れるようになったのが一つの原因かもしれません。

 

しかしそれでも獲得メダルが少ないのは、

生まれ持っての体格の差がどれだけ結果に出るかを

如実に物語っていますよね。

 

それでも近年では、

スプリント競技(短距離走)、やり投げ、ハンマー投げなど

最も体格差がモノを言う競技でもメダルを取れるようになってきています。

室伏選手は化け物じみていますし、ハーフと言う特権はありますが・・・。

今後世界陸上二も目が離せないのは言うまでもないでしょう。

Sponsored Links