子供の名前

LINEにおける高校生の問題をまとめてみた

Sponsored Links

 

2014y04m05d_185131398

LINE・・・高校生はみんな使っているんだけども

LINEというと、

今の若者のほとんどが使っている印象がある。

じゃあ、みんなLINEに夢中なの?

というと実はそうでもないらしい。

高校生のLINEのグループ問題はそれほど起きていない模様

中学生のLINE問題で挙げていた

自殺者までも出たグループ問題。

実は高校生ではそれほどでもないらしい。

 

Sponsored Links

 

理由・・・件数がものすごい

なんでも、

『個人LINEでは200件~300件』

『グループLINEでは400件~600件』

という件数が1日に来るらしい。

 

つまり、高校生にもなると、

行動範囲がかなり広がるので、

今後LINEの件数も圧倒的に増えるんだそうです。

そんなわけで、返信しなかったらどうなるとか、

そういう問題は特に起きないんだそうです。

 

量が多すぎると、その価値は下がるというのが

全ての真理だったりしますけど、

LINEではその現象が起きているようですね。

少し前までは『LINE疲れ』なんて言葉もできたぐらいなのに・・・

LINEよりも、ツイッターを見たり、

メールでやり取りなんて言うほうが意外と

多かったりするらしいですよ。

そのため、

LINEによる仲間外れ現象は、

これほど普及率が上がった今となっては

それほど重要なことではないのかもしれません。

LINEの高校生における問題はやはり『春を売る』

悪いおじさんにLINEのIDを教えて、

その後、悪いおじさんがIDを検索して、

その後、悪いおじさんと高校生がちょめちょめ・・・

 

これが今のLINEにおける高校生問題の最たるものなんでしょう。

とはいうものの、ID検索が禁止になった今、

それもなかなか難しくなったりしているわけですが。

とはいっても、たぶん普通にいろいろ手を考えて

やっているでしょうが・・・

遠距離恋愛が増えたらしい

やっぱりというかなんというか、

遠距離恋愛というのが、

最近すごく増えたんだそうです。

 

まあ当然と言えば当然なんですが、

顔は一度も見たことないけど、惚れちゃったわ・・・

というようなことなんですね。。

 

でもやっぱり、こういう事って、

これからもっと加速していくでしょうね。

これからどんどんどんどんIT化っていうのが進んでいって、

デジタルな世界が広がって

全ての人に共通して、ネットの海が広がって。

 

そんな味気ない、顔も見えない世界だからこそ、

ネットの世界では、

相手の姿を重要視していくんだと思います。

とかどっかの偉い人が言っていたのを思い出したので、

書いてみた。

Sponsored Links