子供の名前

ビットコインとは何か!?採掘の仕組みなどをわかりやすく解説!!

Sponsored Links

 

だからビットコインって結局どういうものなの?

こういった声をちらほら聴きましたので、

出来るだけわかりやすく解説していきたいと思います。

この動画を見てない人はみてくださいね!


ビットコインとは?:WeUseCoinsJP

 

Sponsored Links

 

ビットコインというのは根本として

まず、ビットコインは、イメージとして、オンライン通貨!

これでいいかと思います。

日本だと,WebMoneyなどの電子マネーですね。

とりあえず基本的にはこれと同じだと思って結構です。

この日本の電子マネーを

ワールドワイドにして、匿名性を極限まで上げたものがこれです。

ビットコインの入手方法

ビットコインには2つの入手方法があります。

1つは、最初に想像するかと思いますが、現行通貨との交換です。

これは電子マネーを購入するのと同じ感覚かと思います。

一方、このビットコインは特定のユーロなど特定の通貨との交換も可能です。

 

そしてもう1つ、これがビットコインの最大の特徴!

全ての人が自動で発行できる。

正直意味不明ですよね・・・

これは、本当に文字通り自動的に増やすことが出来ます。

通常、お金を発行するのは私たちではなく、国が発行しますよね?

ビットコインはすべてのユーザーが発行主になれます。

 

発行方法

発行は基本放置しているだけでいいんですが、

この発行スピードは使用しているコンピューターのスペックに依ります。

例えば、
Aさんのコンピューターのスペックを100とします。
Bさんのコンピューターのスペックを50とします。

するとAさんのほうがより多くのビットコインを発行することが出来るんです。

もちろんですが、この発行したコインは自分で使用することが出来ますよ。

動画を見た人はわかると思いますが、

ビットコイン側はこのことを「採掘」という表現をしていますよね。

つまり、よりハイスペックの採掘機(=コンピューター)
を利用すればたくさんコインを採掘できますし、

スペックが低い採掘機(=コンピューター)なら、
ちょっとしか採掘が出来ません。

新しい投資の形となってくるのかもしれませんね。

ビットコインの取引の特徴

現行通貨だと、他銀行に送金すると手数料が掛かりますし、

海外との取引だと、もっと掛かってしまいますよね。

これは取引の間に、銀行などの「仲介人」がいることに依ります。

 

しかし、このコインには「仲介人」がいないんです。

P2Pシステムというものを使用しているのですが、

これは取引者同士を直接的なネットワークで結ぶもので、

取引者の間位に存在するのはこのネットワークというケーブルだけ。

そのため手数料がほとんど掛からないんですね。

 

他にも、このP2Pシステムは仲介が入らないために、

個人情報保護の観点では圧倒的な信頼があるんですよ。

人には絶対に言えない、犯罪の取引に好んで使用されるほどのものです。

 

以上がビットコインの解説になります。

ビットコインの問題点に関する記事はコチラ

現在ではまだまだ利用者は少ないんですが、

多くの人に利用される日もそう遠くないかもしれませんね。

 

Sponsored Links