子供の名前

ブルー・ボトル・コーヒーとスタ―バックスとの違いは?特徴や日本店舗展開について

Sponsored Links

 

2013y09m12d_083448119

個人のにおいがするコーヒーチェーン。
それがブルー・ボトル・コーヒー。

コーヒーチェーンと言えば、
スターバックス、タリーズ、ドトールなどを
想像するかと思われます。

そしてその全てに共通して言えるのは、
チェーン店であるということ。
一昔前までは、カフェにいる人はオシャレである
というような風潮もありましたが、
現在ではそれはあまりないでしょう。

それどころか、スターバックスなどの
コーヒーチェーンは『ファストフード店』として
カテゴライズしている人も中にはいるでしょう。

ブルー・ボトル・コーヒーというコーヒーチェーンは
それらの『ファストフード店』と
カテゴライズされうるコーヒーチェーンとは
一線を画している。
全く別の特徴を持つコーヒーチェーンなのだ。

 

Sponsored Links

 

ブルー・ボトル・コーヒーの特徴【スターバックスとの違いは?】

ブルー・ボトル・コーヒーのコンセプトは
『個人の香りがするコーヒーチェーン』。

ブルー・ボトル・コーヒーの創設者である
ジェームス・フリーマンは、
スターバックスなどのコーヒーをひどく嫌った。

確かに味はうまい。
しかしコーヒーはもっと心を込めている物で、
マニュアル化され効率化されるものではない。

この考えを体現したのが、
このブルー・ボトル・コーヒーなのだ。
今話題となっている
マイクロ・ブリュー・コーヒーの先駆けともなっている

コーヒー豆は必ず厳選。
現地住民と協力の下、
最高の焙煎方法を編み出す。

コーヒーも一杯一杯最高のものを。
それがどんな時間が掛かろうとも
全く手を抜かない。

其れこそがブルー・ボトル・コーヒーなのだ。
さらに詳しいスターバックスとの違いは
マイクロ・ブリュー・コーヒーに関するページでご覧ください。

ブルー・ボトル・コーヒーの今後の展開

そんな方法で経営は大丈夫なのか?
と思われる方もいるでしょう。
しかし2001年の創業以来、
現在に至るまで、着々とシェアを広げ、
現在、サンフランシスコとニューヨークを中心に
10店舗以上を展開している。

さらにはシリコンバレーの企業家から
形成されている投資ファンドから
2000万ドルもの増資を受けているというのだ。

ブルー・ボトル・コーヒーが生み出した
マイクロ・ブリュー・コーヒー
第三の波と言われている程だ。
遠くない未来に日本に進出する日も
来るかもしれませんね。

Sponsored Links