子供の名前

ビットコインの問題点って?

Sponsored Links

 

そもそもビットコインって?

このビットコインというものがどういうものかわかっていない人は、

この動画をご覧になって見てください。


ビットコインとは?:WeUseCoinsJP

 

簡単に説明すると、

・オンライン上で使用できる通貨

・数種類の通貨で換金可能

・仕様上に制限が無い(手数料が掛からないなど)

・匿名で非常に安全

・なんだって買える

・マネーに代わる存在

 

大体動画の内容は上記のような感じです。

 

 

Sponsored Links

 

本題:ビットコインの問題点

1匿名性

匿名性というと、通常非常にメリットであるというように感じるかと思いますよね?

もちろん、個人情報保護という観点から見ると最高の点と言えるでしょう。

しかし、これは犯罪における取引に最高の手段であるとも言えるんです。

 

ビットコインではP2Pシステムを利用しています。

P2Pシステムは、簡単に言うと、送信側と受信側が直接結びつくシステム。

つまり、「仲介者がいない」ということ。

例えば、薬物の売買がビットコインで行われた場合、

送信側と受信側の取引履歴を見ない限りは、

絶対に他社にばれることが無いということになってしまうんですね。

 

2ビットコインは金本位制

動画を見た方はわかるかもしれませんが、

ビットコインは、無限に作り出せるわけではなくて、

実は、ビットコインの総量は決まっています。

この総量はテキトーに決まっているわけではなくて、

やはり、オンライン上ではなく現存する

通貨流通量によって決まっています。

つまるところ、○○ショックというような問題に非常に弱いんですね。

 

ビットコインは現行通貨にとって変わる!と言っていますが、

この金本位制をなんとかしない限り

まずとって変わることは無いでしょう。

国として面白くない

通貨を発行しているのは国です。

そして、ビットコインがこれらにとって代わるということは

もはや「通貨発行権における革命」と言ってもいいですよね?

 

通貨発行権は、これだけで国の経済をコントロールできますし、

国が所有する権利の中でも

最重要権利の一つと言っても差し支えありません。

それを奪い取るわけですから、それはもう立派な革命です。

 

そして、実際にこういった通貨を取り締まる法律が実際に存在します。

あのgoogleも過去にGoogle Bucksという通貨を造ろうとしましたけど

法律の前に断念してしまいました。

 

現在、ビットコインの利用者は、かなりネットに詳しい人や、

人には言えない取引をする人がほとんどですが、

どんどん拡大して、流通も広がって行けば、必ず規制が入るでしょう。

 

以上が問題点3つです。

 

今後ビットコインが流行ることは無いのか?

たしかに、上記のような問題点はありますが、

実際に、オンライン通貨で暮らしている人は少なくありません。

それに、収入の一部がネット上の通貨になったところで、

困る人というのはそれほどいないのではないでしょうか?

むしろその方が便利だ!という人は少なくないでしょうし、

実際にネット上での色々な料金支払いを見てみると

ビットコインを採用している会社は結構あります。

今後どんどんどんどん技術が進化していって、

財布を持たなくていい時代が来るのかもしれません。

でも私は、そうなると、貯金できなくなる気がしてなりません。

Sponsored Links