子供の名前

DIYのメリット、デメリットとはどんなものだろうか?

Sponsored Links

 

2013y08m10d_071257416

昨今DIYと言う「自分の力でやりなさい」という言葉が

使用されるようになってきました。

子供への教育としてDIYの精神の大事さなどを

用いるようにもなってきているようです。

 

そしてDIYには車のDIYや机のDIYなど色々な使い方がありますが、

共通しているのは「専門家に任せるべきものを自分の力でやる」ということ。

このDIYのメリットとデメリットと言うのは一体どのようなものがあるのか。

 

Sponsored Links

 

DIYのメリット

DIYのメリットその①金銭

まず第一に思い浮かぶDIYのメリットは金銭的な面でしょう。

DIYというのは上でも言ったように

「専門家に任せるべきものを自分の力でやる」ということ。

 

専門家に任せる場合、本来一般の人にはできないことを任せるので、

物質的なコストに、技術料というものが料金として付いてきます。

この技術料と言うのがモノによってはバカにならず、

悪い言い方をすれば、足元を見られているということです。

良いお値段がついてしまうんですね。

 

逆に言えば、自分の力でやれば掛かるものは物質的なコスト、

つまり部品、素材、道具だけで済むことになるので、

結構安くつくんですよね。道具に関しては、掛かるのは1回目だけで、

次回行う際には道具のコストは掛かりません。

なので、DIYはこの金銭的なメリットが最も大きい部分かと思います。

 

DIYのメリットその②達成感 → ?

DIYのメリットの2つ目が達成感ですね。

普段自分でやることが無いことなので、

それを位置から色々調べたり学んだりすることによって、

達成したときの満足感は本当に素晴らしいところがあります。

 

このような部分が子供たちへの教育として用いられる

DIYの精神の大事な部分と言えるのでしょう。

 

え~メリットに精神論?というと、そういうわけでもなく、

達成感が得られることから、趣味化することが出来るんですね。

 

確かに、白アリ退治DIYとかは趣味化するのは難しいですが、

パソコンのDIYを始め、日曜大工などは趣味にすることが出来ますよね。

 

趣味化することによって、その分野に非常に詳しくなりますし、

スキル向上、知識向上と言うメリットもついてきます。

そして最近は趣味が無い人が多く、

そのような悩みも解決してくれるのもメリットですよね。

 

DIYのデメリット

DIYのデメリットその①リスクが伴う

DIYのデメリットの最も大きい部分がこのリスクの部分です。

本来専門家に任せるべきものだということは、

それを自分の力でやるのですから、失敗するリスクと言うのは付いてきますよね。

そしてDIYの失敗に対する補償は誰もしてくれません。

 

専門家に任せた場合、作業の失敗をする確率はかなり低いです。

専門家に任せても難しい場合は失敗する確率が上がりますが、

DIYの失敗する確率はもっと上がります。

 

さらに、万が一専門家が失敗した場合には補償が必ず付いてきます。

確かに例えば、本当に難しい作業で、専門家に任せても難しい・・・

と言う場合には、失敗しても保証が付かない場合が多いですが、

普通の作業で、変なところをいじってしまってどうしようもならなくなる

と言う事態に陥ってしまった場合、補償してくれます。

 

一方DIYはどうでしょうか?失敗しても自己責任。

失敗しようがなんだろうが誰も補償はしてくれない。

このリスクこそがDIYのデメリットと言えるでしょう。

 

DIYのデメリットその②時間

専門家に任せるというのは何もリスク回避のためだけではありません。

作業を人に任せることによって、自分の時間が大幅に空きますし、

さらに専門家ですから、作業自体の時間も大幅に短縮されるでしょう。

 

つまるところ、専門家に任せたときの料金と言うのは

ある種の自分の時間への投資と言う考え方もいいかもしれません。

 

DIYのデメリットその③正確性

DIYのデメリットの結構大きな部分が正確性です。

どういうことと思われる方がいると思いますので、これを見てください。

2013y08m10d_065824219

 

これはエアコンのつまみです。・・・どう考えても長いですよね。

車のDIYをした結果、ちょうどいいサイズのものが見当たらずこうなったようです。

専門家に任せた場合、ほぼ100%元と同じ、もしくは同等の見た目に戻ってくれますので、

このような事態も避けることが出来ます。

この正確性が書くこともDIYのデメリットと言えますね。

 

DIYのメリット、デメリットを見てみて・・・

以上のようにDIYのメリット、デメリットを紹介したわけですが、

こうやって見るとDIYのデメリットがかなり強烈に感じます・・・

 

しかしながらやっぱりDIYによる趣味化と言うのは本当に素晴らしいことです。

確かに最初はぎこちなく失敗するデメリットと言うのもありますが、

続けていけば専門家により近い技術を身に着けることも出来ますし、

DIYをしていたら専門家になってしまったというようなことも少なくありません。

もし気になることがあるのであれば、DIYしてみるというのもいいかもしれませんね!

Sponsored Links