子供の名前

白い虹の原理って?

Sponsored Links

 

2013y08m15d_080802012

 

白い虹はなぜ起こるのか?

 

虹と言うと7色ですよね。

あれは対応光線が空気上に水分が多い時、

その水に太陽光線が反射することで見えています。

2013y08m15d_081252284

その反射する際に図のように、

光の色によって屈折する角度が変わりますから、

その角度の違いによって

太陽光が色んな色に分散して7色に見えます。

 

しかし極稀に白い虹というものが出来るんです。

そんな白い虹の原理について今回は解説していきます。

 

 

Sponsored Links

 

白い虹の原理:詳細

基本的に、白い虹の原理は通常の原理と何ら変わりません。

太陽の光が空気中の水滴に反射して、

その光が人間の目に入った時に白い虹が見える。

 

しかし唯一違うのが、太陽の光が様々な色に分散しないで

そのまま目に入ってくると白い虹に見える。

2013y08m15d_082246941

光の色と言うのは基本的に3つの色

赤、青、緑の3つの色からできていて、

それぞれを合わせると光は白色になります。

 

だからこそ、白い虹と言うのは、虹と同じように、

空気中の水滴に反射して目に入ってきて、

その際に光が分散しなければ白い虹に見えるというわけです。

これが白い虹の原理になります。

 

しかしこの白い虹の原理と言うのは確率的には結構低い。

条件は一つだけで、水滴の大きさが光の波長と

 

ほぼ同程度になった時だけ。

条件的には霧や雲を構成する水滴によく見られる大きさで、

通常の虹の大きさよりもかなり小さくため、なかなか見る機会は少ない。

そしてこのように白虹が目撃されるのは霧や雲の中でのことが多いので、

霧虹、雲虹と言うように呼ばれることもあるようです。

 

ちょっと補足をすると夕暮れ時と言うのは太陽の光が

赤みを帯びてきますよね?

そういったときにこの白い虹の原理と同じ状況に陥った時は

どうなると思いますか?

答えは非常に簡単で、普通の虹でも白虹でもない、

赤虹を見ることが出来るというのが正解です。

 

白い虹の原理【番外編】:なぜ虹は半円なのか

これは虹が見える条件を考えると良くわかります。

虹が見えるとき、太陽と水滴と人の目の角度が42度の時。

2013y08m15d_084420228

 

この角度となるように空気中の水滴を追っていくと、

42度となる水滴は円形を描くことになります。

 

しかしそのまま円形を描いていくと、水平線にぶち当たりますので、

虹に半円に見えるというわけです。

 

つまるところ、『空を飛んでいれば虹はしっかり360度の円に見える』

と言うことです。飛行機に乗っている際は

虹を探してみるといいかもしれませんね!

Sponsored Links