子供の名前

流星群【2014年】8月12日・8月13日情報【方角とか場所】ペルセウス座流星群

Sponsored Links

 

2014y05m30d_200854010

2014年の8月12日・8月13日は

ペルセウス座流星群が見頃となっている時期です。

 

基本的に日没後よりも、

深夜~夜明けが一番の見頃ですね

1番:13日0時から夜明け
2番:12日0時から夜明け

もちろんですが、
それぞれ、12日から13日に
11日から12日になった瞬間から見頃というコトですね。

 

ペルセウス座流星群2014見頃についてでも
書いているんですが、

残念ながら極大は朝9時なので、

極大時間に見ることがとても難しいんですよ。

とはいうものの、極大は一番数が多いというだけで、

極大以外も結構見えるんですが。

 

Sponsored Links

 

2014年は流星群の見るべき方角、見るべき場所は結構重要

実は今年のペルセウス座流星群の観測の

しやすさは条件的に結構悪いものとなっています。

 

それは、月がほぼ満月なんですね。

流星群は月明かりが明るければ明るいほど見えにくいので、

条件がいいとは言えません。

 

ですが、ペルセウス座流星群は大きい流星群なので、

それなりに見えるかと思います。

重要なのは見る方角とみる場所。

 

見る方角についてですが、

「月を見ないように空を見る」というのが正しいです。

東側に月があるなら西側を

北側に月があるなら南側を

西側に月があるなら東側を

とこんな感じで見る方角を決めましょう。

 

続いてみる場所ですが、

市街地の光があまりない場所。

これが最も適切な場所ですね。

 

見る方角でも実は同じことを言えるんですが、

市街地の光というのは

結構流れ星の光を醜くしてしまいます。

 

そのため、見る方角に関しても

見る場所に関しても、

市街地の光が目に入らないようにする

というのが最も見やすい方法というコトになるんですね。

人工的な光というのは結構強いんですね。

Sponsored Links