子供の名前

気温35度以上の猛暑日、40度以上による体への影響とは!?

Sponsored Links

 

2013y08m10d_161255758

 

ものすごく暑い日が続く夏。

35度以上が連続するなんて当たり前・・・

 

しかしやはりそうなると気になるのはやはり

気温35度以上の猛暑日や40度以上になった時の体への影響ですよね。

そんなわけで体への影響を調べてきた。

 

はじめに:人間の人体が求める最適な気温とは

人が最も快適な気温と言われているのが、18度から24度。

これは体感的にも健康的にもストレスを感じない気温です。

 

 

Sponsored Links

 

気温36度37度における体への影響

気温が36度になるということはめったにあるわけではありませんが、

日本に住んでいればあらゆる地域で記録する可能性があります。

 

そんな36度なんですが、実はこの気温の段階で

体への影響はかなり出ます。

 

人間は気温が36度になると、

無理やりにでも大量に汗を出す。

こうすることによって、強制的に体温を流そうとするわけです。

 

35度以上だとしても、体温がかなり高いと、

これと同じ症状に陥る。

このまま放っておけば、脱水症状をお越し、熱中症になる。

 

なぜ36度なのかと言うと、これは体温です。

人間の体温は健康な状態で大体36度程度。

そして夏場だと体が熱くなれば体温を下げなければなりません。

例えば、気温が30℃であれば、外気の方が体温の方が低いので

人の正常な代謝によって、容易に体温維持が可能となります。

 

一方気温36度となるとどうでしょうか?

正常時の体温が36度なのに、それが気温と同じとき、

体温を下げようとしてもなかなか困難ですよね。

37度であれば、体温以上の場合が多いので言うまでもありません。

 

気温38度における体への影響

38度になると色々良くないです。

気温38度と言うのはどういう状況かと言うと、

上記のような、汗を大量にかくことによって、

体温を強制的に下げるということが出来なくなります。

 

こうなると汗だけでなく、体中の臓器が

体温の冷却を行おうとします。

血液、肺、心臓などなどたくさんの臓器が放熱を行います。

 

気温39度における体への影響

こうなると、今まで頑張ってきた汗が機能しなくなってきます。

つまるところ、汗をかきにくくなってしまうんです。

 

気温40度以上での体への影響

ここまで行くと、脳にまで影響が及びます。

体温の異常な上昇によって、

脳がダメージを受けてしまうんですね。

以上が気温による体への影響についてです。

見て頂ければわかるように、35度以上において、

人は何かしらの冷却アイテムを持っていなければ

非常に危険な状態にあります。

冷たさを維持してくれるタオルや水などなど

必ず外出時はなにかしらの冷却アイテムを持って行動しましょう。

Sponsored Links