子供の名前

残暑見舞いの返事メール【例文・挨拶文テンプレート】ビジネス・取引先・上司・日常 etc.

Sponsored Links

 

「暑中見舞い」

ビジネスという場面をはじめとして
大学生や高校生ではあまり気に掛けることが無いことですが、

社会人になると、
送ることが無い人でも
送られてくることは多々あります。

『なんて返事メール書けばいいんだよ・・・全然わからんよ・・・』

そんな人のために、今回は、

簡単なひな形・テンプレートを紹介しておきます。

はじめに・・・暑中見舞いの返事メールはこんな気構えで書いてください。

基本的にですが、

そんな身構える必要はありません!

仕事内容に関するものが書かれていないのであれば、

内容はザックリ言えばこんな感じ

↓ ↓ ↓

『暑中見舞い送ってくれてありがとう!

まだまだ暑い日は続くけど
あんたも体大事にしてよ!

これからもお仕事のつきあいよろしく~』

↑ ↑ ↑

この内容を人それぞれ、
丁寧な文章に書きかえればいいだけです。

 

え、もっとなんかいろいろ書かなくていいの?

と思うかもしれませんが、

意外とそんなことはなく、
むしろ余計な文章が多いよりも、

シュッと短くまとまったものを書いたほうが、

相手からの好感度は高いです。

暑中見舞いの返事メールも書き出しは同じですよ~

『暑中お見舞い申し上げます』

まずこの文章は最初に書いてください。

挨拶文みたいなものなので、
句読点は書く必要はありません。

メールなら正直書いてもいいんですけどね。
基本的に行書体を使って書く文章だから
句読点が要らないというものですから。

でも、まあ書かなくていいでしょう。

 

そのあとにこの文章↓

『暑中見舞い送ってくれてありがとう!

まだまだ暑い日は続くけど
あんたも体大事にしてよ!

これからもお仕事のつきあいよろしく~』

丁寧に直すと、

『暑中見舞いをお送りいただきまして、ありがとうございます。
 
 ○○様のお心遣いに心よりお礼申し上げます。

 これから猛暑が続きますので、
 より一層ご自愛くださいませ。

 また今後とも良いお付き合いをよろしくお願いいたします。』

こんな感じでいいんじゃないでしょうか?

 

最後の文章も

『ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。』
これにかえても良いですね。

他にも、何かもらったことがあるなら

そのお礼を書いてみたり、

食事をしたことがあるなら、
そのことを書いてみたり・・・

そんな感じで、

あまり考えすぎるのもストレスですよ。

 

頭痛が痛いみたいな文章じゃない丁寧な文章で

『暑中見舞いめっちゃ感謝!あなたも本当に気を付けてね!』
という内容であればまったく問題ありません。

感謝の気持ちを伝えるこれでオッケーです。

Sponsored Links