子供の名前

日本人は働き過ぎではないという話。日本人の労働時間が長い理由

Sponsored Links

 

2014y04m23d_095226682
まず(資料) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構なるものを

見てみましょう。

【平均年間総実労働時間/人】
1位 韓国  2193h
2位 アメリカ  1778h
3位 イタリア  1778h
4位 ニュージーランド 1758h
5位 日本 1733h
6位 カナダ 1702h
7位 フィンランド 1697h
8位 オーストラリア 1686h
9位 イギリス 1647h
10位 スウェーデン 1624h
11位 フランス 1562h

正直これに関しては、

情報の信頼性はあまり無いと思っています。

それは非常に単純な話で、

サービス残業、つまり、データとして残らない、

労働時間が多く存在する会社、業界というのは非常に多いのが

現実ですし、こういったデータは建前でしかないでしょう。

とはいうものの、韓国が1位なのは意外である。

 

データを出したのは、こんな表面的な数字ではなく、

日本人の体質的な部分にフォーカスして

話が進むよ~ということを言いたかっただけです。

では、なぜ日本人は働き過ぎではないという話になるのか?

それは、日本人の時間の使い方の

絶望的なまでの時間の使い方の下手さが、

その理由となります。

 

仕事中、ケータイのゲーム、パソコンのゲーム、

ネットサーフィンなどをする方は

どれぐらいの数がいるでしょうか?

私の周りでもかなりの人数がいます。

 

つまり、働いているはずの時間に

働いていない日本人があまりにも多いということですね。

例えば、残業に関してもそうです。

上司がまだ帰ってないから空気的に帰れそうにないため

残業していよう、そういう人は非常に多いでしょう。

 

会社に所属しているだけで

特に仕事をしていない社内ニート、

そして、自分では社内ニートとは思っていないが、

社内ニート予備軍がどれだけの数いるか。。。

少なくとも、仕事中にゲームをしてしまう人は

社内ニート予備軍と言えるかもしれません。

 

Sponsored Links

 

たとえば、アメリカ人の話

アメリカでは、

「時間はものすごく重要なもの」という考えが

かなり根付いているようです。

 

例えば、休憩時間に、仕事のことを相談しよう!

ということをかなり緊急なことでもない限り、

絶対にやらないんだそうです。

 

他人の時間を奪うというのは、

アメリカでもやってはいけないかなりの無礼な行為なんだそうです。

日本企業からアメリカの企業に移動した際に、

時間のカルチャーショックを受ける人は

非常に多いというのもこのためですね。

 

つまり、アメリカ人は仕事するときは猛烈に働いて、

休むときには全力で休む。

そういうスタイルなんですね。

では日本人はどうでしょう?

休憩していると、上司に

「○○くん、ちょっとこの資料コピーしてもらえる?」

なんて言われることはかなり多いのではないでしょうか?

 

ほかにもお客さんが来たときには、

お茶を入れるように頼まれることも多々あるかもしれません。

そして逆もしかり、仕事中にネットサーフィンやゲームを

してしまうというものですね。

このように、仕事と休憩時間の境目が非常にあいまいなのが

日本の職場の特徴ともいえるでしょう。
 

※実は例外として日本の工場は非常に素晴らしい。

 タイムスケジュールが徹底されて、

 休みと仕事の境も明確化されている
 
 日本の工場の職場効率は世界一ともいえる水準なんだそうですよ。

 だからこそ、日本の工場は世界水準だ!なんていわれるんでしょうね。

日本人の労働時間が長い理由

最後に日本人の労働時間が長い理由です。

これは、ここまでのことを読んだ方なら

分かっていただけるかと思いますが、長いのは会社滞在時間です。

働いている時間が長いわけじゃありません。

 

「1日12時間労働だよ~もういやだこんな会社・・・」

と悲鳴を上げる会社員の方のうち

12時間本当に集中して集中して働いている人は

おそらく10%未満でしょう。

 
その人のパフォーマンスは

1日6時間超絶集中している人のパフォーマンス以下の場合が

大抵なのではないでしょうか?

これを読んでいる方も人それぞれ、

思い当たることが多数あるかと思います。

残業代稼ぐために残業するぜ!という人が

仕事のパフォーマンスが高いためしがあまりないのは禁句ですね。
 

学生の方でも、昨日は10時間勉強した!

なんて口では言いつつ、

本当に、集中して勉強していた時間は実質5時間にも満たない

というような経験はあるのではないでしょうか?

 

【つまりこういうことです】
・長時間労働⇒長時間会社滞在

・長いわけじゃない⇒実質仕事時間は短い

・非効率&メリハリのない職場⇒ダラダラ働いてしまう

・超集中した1時間>>>>ダラダラ2時間

これらが、日本人の労働時間が長い!

もしくは日本人の労働時間が長く見える所以なんですね。

 

会社の体質がそうだから仕方ないんだよ!

と思う方もいるかもしれませんが、

やはりそう思う方は働く環境そのものを変える

ということしか選択肢はないかもしれません。

という無茶を言ってみる。

 

こんな感じに私は思いました。

Sponsored Links