子供の名前

日本で気温40度以上を記録!過去の40度以上の一覧を見てみる

Sponsored Links

 

2013y08m10d_152929078

 

全国であらゆる地域で、35度以上の猛暑日が

観測点927地点のうち、当年最も多いの205地点を記録した8月10日。

 

そしてこの日もう一つの記録も樹立している。

それが日本における気温40度以上である。

高知県の四万十市にてその記録が樹立されました。

まったく嬉しくありませんけどね。

 

40度以上になったのは

実は2007年8月以来の6年ぶりになります。

 

そんなわけでこの記事では

過去に日本で40度以上を記録した日と場所を紹介していきます。

 

 

Sponsored Links

 

過去に日本国内での気温40度以上一覧

2013年

高知県四万十市:40.7度(過去4番目の気温)

山梨県甲府市:40.1度

 

2007年

埼玉県熊谷市:40.9度(過去最高気温)

岐阜県多治見市:40.9度(過去最高気温)

↓日本過去最高気温記録更新

日本の過去最高気温はどこ?何度?

 

 

1994年

和歌山県かつらぎ町:40.6度(過去5番目の気温)

静岡県天竜市:40.6度(過去5番目の気温)

 

1933年

山形県山形市:40.8度(40.9度に次ぐ気温)

 

このように代表的なところを挙げていくと、

上記のようになる。

40度以上を記録したところがあるのは過去を振り返っても19か所のみ。

 

日本全国に900か所以上の観測地点があることを考えると、

100年近い過去を振り返っての19か所なのだから、

非常に少ないですよね。

それほど、40度と言うのは記録的な猛暑と言えます。

 

番外編:最高気温の最低記録

最高気温の最高記録があるわけですから、

逆もまたあります。

 

それが最高気温の最低記録、

そして最低気温の最高記録です。

 

それではせっかくですのでクイズ形式と行きましょう。

だるい人は下にスクロールしていけば答えを書いておきます。

 

最高気温の最低記録は、そしてその場所は?

ヒント:日本史上最も低い気温は-41.0度で北海道旭川にて記録

↓答えはスクロール↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は-30.2度。

場所は富士山山頂。

やっぱり高いところは寒いんですね。

とはいっても富士山の山開き期間は7月~8月末なので

これを体験することはまずありません。

 

続いて最低気温の最高記録

ヒントは史上最高気温が40.9度。

↓答えはスクロール↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は30.8度。

場所は新潟県糸魚川市です。

1990年に記録しています。

 

一日中30度越えとか死んでしまいます・・・

この地域がこの記録を樹立している理由としては

日較差が小さいということ。

 

日較差というのは一日の最高気温と最低気温の差。

日較差が大きいというと、最高気温と最低気温の差が大きい。

例を挙げれば砂漠は最高気温は

平気で40度を超えるが最低気温はマイナスになる。

そして今回の新潟県糸魚川市は日較差の小さい地域なんですね。

 

Sponsored Links