子供の名前

彼女が激やせで心配・・・ですがかけるべき言葉はアドバイスじゃないよ!

Sponsored Links

 

仕事のストレスからか・・・

人間関係のストレスからか・・・

女性というのはそういったプレッシャーが
身体にもろに現れやすい。

それは男性よりもかなり大きいでしょう。

 

そして結果、彼女が激やせしてしまった。

彼氏としては非常に心配なことでしょう。

分かります。

しかしながら、男性は掻けるべき言葉に

気を付ける必要があるんですね。

アドバイスは一番言ってはいけない言葉

例えば、

「もっと食べたほうがいいよ?」

「食べれるようになる方法調べようか?」

などなどいろいろありますが、

これはかなりよろしくありません。

 

というのは、

激やせした彼女は、
男性側よりもはるかにそういう経験が長いので、

彼氏が思いつく程度のアドバイスは
当然自分も思いついています。

しかしながら、彼のアドバイスを嫌悪することはありません。

ありがたいとはしっかり思うのです。

でも、「解決できない自分」がいます。

 

彼が色々やってくれているのに
解決できない自分

これが相当のプレッシャーになるようですね。

特にストレスで激やせしてしまった女性に

もっと食べたほうがいいよ、というのは

かなりプレッシャーを与えることになるでしょう。

食べられないんですからね。

 

頑張っている人間に、頑張れというようなものでしょうか。

 

Sponsored Links

 

キャッチボールはなかなか難しい

心配されたら感謝をする。

これはキャッチボールに当然あるものです。

ですが、こういった状態の女性には

それを行う余裕すらないんですね。

それぐらいすり切れてしまっているというコトです。

 

投げかけるのではなく、ボールを待つ

そんなわけで、

この時彼氏がやるべきことは、

投げかけるのではなく、ボールを待つこと。

つまり、

「何か話したいことがあったらいつでも話を聞くよ」

こういうことを言ってあげましょう。

 

愚痴という言葉がありますが、

人がなぜ愚痴を言うかというと、

イライラしたことを、話すことによって、
相手と共有したり、重荷を分散したりするんです。

話して楽になるというものですね。

 

そして、こちら側からプレッシャーを与えることもありませんし、

余計な負担を避けるのにも、

待つというのは非常に大事です。

彼女の居場所を作ってあげる、

もしくは考えを共有してあげる。

「重荷は共有できる」これは一つの事実です。

言葉はいりません

書けるべき言葉は?というのが

テーマなんですが、言葉は余計です。

ただそこにいるだけでいい。

安心させてあげてください。

「楽しかいね」「おいしいね」
「あついな~」「クーラー涼しい!!!」

そういう当たり前の日常が何よりも癒しです。

と私はおもいます。

Sponsored Links