子供の名前

停止線の停止位置がなぞ・・・

Sponsored Links

 

2013y08m21d_070700792

 

停止線は、信号機や一時停止標識など

車両が一時的に止まる際の停止位置。

最も正しい停止位置はと言われれば、

停止線に車体がぴったり合えば最も正しいと言えるかもしれません。

 

しかし実は信号機と一時停止標識の停止線では

違反を取られない停止位置と言うのはかなり違うんですよね・・・

 

停止線での停止位置(信号編)

青信号から黄色⇒赤色と変わっていく際に、

停止線を超えて停止しても違反を取られることはありません。

しかし横断歩道や交差点に侵入して停止すれば、

交差点等進入禁止違反を取られます。違反点数は1点、罰金は6000円。

 

黄色のタイミング急ブレーキをされると危ない・・・と言う意見もあるそうですが、

基本的に、車は急ブレーキをされても衝突しない車間距離を保たないといけないわけで・・・

 

一方、信号機が赤信号の時に停止線を超えた場合は、

これは立派な信号無視。これはもう1mmでも超えたら文句は言えません。

違反点数は2点、罰金は9000円。

 

しかしこれはもう目撃した警察官に依ります。

横断歩道や交差点に進入していない限りは取らないという人もいますし、

停止線を少しでも超えたらとるという警察官もいます。

どちらもタイヤが越えていなければ違反とされることは無いですね。

もちろんタイヤが越えてなくても、車体が横断歩道に入っていれば取られますよ。

 

なので停止位置はかなりあいまいです。

離れすぎることに関しては

停止位置が停止線から10mも離れていればさすがに、

交通妨害として取り扱われるかも知れませんが、

1m、2mなら問題はないでしょう。

 

 

Sponsored Links

 

停止線の停止位置(一時停止)

停止線の中でもっともやっかいなのが、この一時停止。

 

一時停止は道路交通法では

一時停止の標識のある場所では、停止線の直前で止まらなければならない。

と言うように記されています。停止線が無い場合は、交差点の直前。

 

そしてこの直前と言う言葉、かなり曖昧になっています。

基本的に、タイヤが線の手前なら取られることはあまりないかと思います。

ですが、タイヤは超えていないけど、車体は少し交差点に進入している

と言う場合には、立派なら一時停止違反です。

aaa

bbb

 

問題になるのが直前と言う言葉。

例えば、車体先端が一時停止線の2m手前で止まったとしましょう。

これは違反を取られ得ます。

ccc

と言うのはこれは、一時停止での停止ではなく、

別の理由で停止したとみなされうるからです。

 

 

1m手前はどうでしょうか?

これも数は少ないでしょうが、取られる可能性はあります。

理由は上と同じ。

 

ここまででわかると思いますが、

一時停止の停止位置である直前と言う言葉は、

かなりあいまいで、○○cm以内という決まりはありません。

もうここは警察官の主観で決められてしまいます。

違反点数は2点、罰金は7000円。2点はなかなか痛い・・・

特に免許取り立てで1年間は3点で、講習を受けなければなりませんからね。

 

以上が停止線の停止位置になります。

個人的にここは絶対に安全だというのは、

停止線が運転席から見えなくなった瞬間に停止。

 

これをすれば、まず1m以上離れていることもありませんし

タイヤやボンネットが停止線を超えることもありません。

線を越えしまって違反を取られれば、自分が悪いで納得できますが、

離れすぎだと言われて停止線で停止していないと言われたら

かなりモヤモヤしますし、納得も出来ませんからね。

本当に気を付けたいところです。

 

Sponsored Links