子供の名前

モンスターチルドレンの事例【モンスター生徒】親だけだと思いきや

Sponsored Links

 

2014y04m22d_134418947

モンスターペアレンツという言葉は

とても有名ですが、世の中には、

モンスターチルドレンという生徒たちも存在する

というのはご存知でしょうか?

親だけじゃないんですね・・・

先生たちは大変ですわ・・・

 

それでは、今回はいくつかの

モンスターチルドレンの説明をしたいと思います。

 

Sponsored Links

 

モンスターチルドレンの事例①車が

ある時、

とあることで、生徒たちを10人程を指導する機会がありました。

手は出していませんが、それなりに厳しく叱りました。

 

放課後、職員室で仕事をしていると、

先に職員室を出て家に帰ったはずの先生が

慌てて職員室に戻ってきて、

わたしを呼びに来たんですね。

その先生に連れられ、駐車場に行ってみると、

車が横に倒れていました・・・
 
後々分かったことですが、

わたしに叱られた10人が、

叱られたことの腹いせに私の車を倒したのだそうです。

 

 

恐ろしいですね。

生徒指導として怒ったら車を倒される。

そのあとどうなったんでしょうか?

車の傷などの弁償はしてもらったんでしょうか?

生徒恐ろしい・・・

モンスターチルドレンの事例②セクハラ

小学3年生の女生徒。

廊下で怪我をして

動けなくなっていました。

 

保健室に運ぶために、抱えようとすると、

「触んな!セクハラで教育委員会に訴えるぞ!!」

と一喝。ごめんなさい、アンタを女とは見れません。

 
 

世の中には、確かに、

スーパーロリコンの先生もおり、

そのようなことをやる輩もいるかもしれません。

 

とはいうものの、全員が全員そういうわけではないでしょう。

本当に先生たちは大変だ。

本当にこれしか言えません。

モンスターチルドレンの事例③体罰だ~

特に最近多いのが、

この事例だそうです。

とにかく体罰だ~と騒ぐ子供。

もしくは、「お、体罰すんのか?やってみろよ」

とすごむ生徒。

 

確かに現在、体罰の問題が非常に多い昨今、

先生たちもなかなか手を出すことが出来なくなっています。

もちろん手を出すというのは悪い意味ではなく、

指導として叩くというものです。

 

わたしは体罰賛成派なんですが、

血が出るわけでも跡が残るわけでもありませんし、

必要なときもあると思うんですよ。

特に、自分が本気であるということを

しっかり生徒に伝えるときには必要ですし、

私自身、先生に叩かれたことはありますが、恨んだことはありません。

 

もちろん、それを口実に

殴りまくって、訴えられるような反面教師っぷりを

発揮してしまう人もいるんですがね。

そこらへんは本当に難しい問題ですね。

Sponsored Links