子供の名前

マルガリータ皮膚炎とは?症状、原因、対策、後遺症などを解説【画像】

Sponsored Links

 

2013y09m10d_165918191

 

最近マルガリータ皮膚炎というのが問題になっているそうです。
これは非常に身近なものが原因でなってしまうものなので
メディアも注意を呼び掛けているそうです。

そんなマルガリータ皮膚炎の症状、原因を解説します。

マルガリータ皮膚炎とは?

マルゲリータ皮膚炎の症状

水ぶくれのような状態になり、激しい痛みを感じる。
その症状はウルシかぶれに非常に似ていて、
期間としては最悪1ヶ月近く痛みに苦しめられてしまうそうです。
2013y09m10d_173807038

 

マルゲリータ皮膚炎の原因

原因はライムやレモンの果汁。
「え、レモンの果汁に触れると危ないの?」
というとそういうわけではなく、
レモンなどの果汁が皮膚に付いたまま、長時間日光を浴びると、
レモンに含まれている成分に反応して症状が発生する
ようです。

マルガリータ皮膚炎になる野菜+果物一覧
ライム、レモン、セロリ、パセリ、ニンジン、イチジク

 

 

Sponsored Links

 

マルゲリータ皮膚炎の後遺症

マルゲリータ皮膚炎にかかってしまった場合、
後遺症として、皮膚炎の跡が残ってしまうことがあるようです。
しかし若いうちであれば、ほとんど後も残らず
消えることの方が多いという報告もあります。

しかし一方で、皮膚は少し弱くなってしまっているので、
マルゲリータ皮膚炎になってしまった部分の皮膚には
日焼け止めやミトンの手袋などは欠かすことが出来なくなるでしょう。

 

マルガリータ皮膚炎の対策は?

レモン狩り、ライム狩りというのをあまり聞きませんが、
特にレモンは料理で使用することも多いですよね。
ニンジンもそうですね。

なので、もしレモンなどを使用した際は、
サッとでもいいので、水でしっかり流しましょう。
もしレモンの果汁が付着したまま外に出ると危険です。

そんな場面ほとんどないよ・・・と言えば確かにそうですが、
バーベキューなどをするときは、
普通にあり得ますよね。

他にも美容関係、特に女性の方。
女性の方でレモンでパックをするというのが今でもあるようですが、
あのまま部屋のベランダに出て日光浴なんてしたら
顔が大変なことになります。
しかも上でも書いたとおり、1ヶ月続くんですよ。

顔、しかも女性が1ヶ月も顔が腫れあがっていたら
絶対に仕事なんてできませんからね。
非常に注意が必要です。完治しても跡が残ってしまったら・・・

 

もしマルガリータ皮膚炎になってしまったら?

もし心当たりがあるという方は、
すぐに皮膚科のある病院に行きましょう。
すると医師がしっかりと適切な治療をしてくれることでしょう。

Sponsored Links