子供の名前

だらだらをやめたい!ダラダラをやめるためのたった1つのこと

Sponsored Links

 

ダラダラをやめる
ダラダラをやめたい・・・
でもどうしてもだらだらしてしまう。

やめるために
何をすればいいのか・・・
そのためにはたった一つだけするべきことがあるんですよ。

そんな記事です。
2014y07m30d_085658978

ダラダラをやめたい人へのやめるための記事の流れ

  1. これが無理なら無理ですよ『やることを決める』
  2. スケジューリングと言うほど大層なことは必要ない
  3. 今日やることを紙に書く・・・
  4. 今日やることすら特にない。そういう人は・・・

1、これが無理なら無理ですよ『やることを決める』

あなたはどうして
だらだらしてしまうのですが?

おそらくほとんどの人は
「やることが決まっていないから」
からじゃないでしょうか?

学生時代を思い出してみてください、
なんとなく集まって
特にやることが無いと、
凄いダラダラしてしまいます。

ゲームしようぜ!
野球しようぜ!
図書館行こうぜ!

こういう場合はまず
ダラダラすることはありません。
なぜならやることが
決まっているからですね。

やることを決める、
これがダラダラしないための第1歩になります。

2、スケジューリングと言うほど大層なことは必要ない

「やることを決める」というのは

1か月のスケジューリングを使用、
スケジュール帳にしっかり書こう
こんな大層なことは言っていません。

多くの人は、
計画を立てるというコトを
言うと、
ものすごい大きな枠で
とらえすぎなんですね。

その結果、
計画倒れで終わってしまう。
計画を立てて満足してしまう。
こういうことに陥りがちなんです。
本当に小さいことでいいんです。

3、今日やることを紙に書く・・・

小さいことって?
簡単です。
「今日やることを朝、紙に書く」
これをしてください。

つまり、
自分の今日のガイドブックを
朝、自分で書くんです。
後はこれに書いてあることを
こなしていきます。

※今日だけでいいのか?
今までダラダラとしてきて、
スケジュールもろくに
決めて来なかった人が
いきなり1週間とか1か月とか
決めていくのはなかなか難しいです。

まずは今日1日についてのみ決める
これを3か月続けてください。
そして1週間に延ばしてまた3か月。

これの繰り返しですよ。

4、今日やることすら特にない。そういう人は・・・

かなり重症です。

こういう人は
「目的意識」というものに欠けている人です。
だからとにかく何かしら目的を持ってください。

 

例えば、

「この鐘を1000回鳴らしてください」
と言われた場合、
何の報酬もないとやる人は少ないです。
ですが、5万円もらえると言われたら
意地でも鳴らす人はたくさん出てくるでしょう。

これは
お金が欲しいから行動しているんですね。
お金のために行動しているんですね。

 

この○○のためにというのは
○○はできるだけ明確な方が良いです。

上の例で言えば
「お金上がるから1000回鐘鳴らして」
そこであなたが
「いくら?」と質問すると
「それは教えられないな~」と言われた。
※5万円くれますが秘密

さあ5万円上げると言われた時と
金額を明確にされない時、
やっぱり明確に金額がわかる方が
多くの人が行動に移りますよね。

目的の明確化大事です。

そうすれば、ダラダラから
回避できることもあるかもしれません。

Sponsored Links