子供の名前

水中毒の症状と原因【1日何リットルの量が致死量】死亡事故は?

Sponsored Links

 

2014y05m29d_185927771

水中毒・・・

水と聞くと、飲む分にはまったく無害そうですよね。

そうですね。
水は普通に飲む分には全く問題ありません。

水中毒という言葉からもわかるように、

水中毒はそれなりの量の水を摂取しないとなりません。

今回はそのあたりのことや、

症状、そして原因を書いていき、

死亡事故なども紹介していけたらと思います。

水中毒の症状をまずは紹介

①体温が下がります。

体温が下がると、
胃腸の機能も低下してしまい、
栄養失調になる可能性も。

②体中がむくむ
特に下半身を中心にかなりむくみが進行。
全体的な疲労感がおそってくる。

③集中力が極度に低下・精神的にも不安定に
脳がうまく働かず、
悪い場合には獣のような人格が出てくることもあるそうな。

そのためナースの方は怖くて近寄れないんだそうですよ

④意識不明の重体もあり得ます。そして死亡事故へ
そして最悪のケースがこれです。

水を飲みすぎて死んでしまうんですね。

 

Sponsored Links

 

水中毒の原因【1日何リットルぐらいの量を飲んだらやばいのか】

もちろん水中毒ですから、

水を飲みすぎると、なってしまいます。

水を飲みすぎると、低ナトリウム血症を引き起こしてしまい、

これが水中毒の状態になります。

 

ナトリウムというのは塩分ですね。

よく、熱中症の対策で
水と塩分(ナトリウム)を一緒に取りなさい。
というのを聞いたことがありませんか?

あれは、塩分(ナトリウム)が大概にどんどん出て行ってしまっているからです。

出ていくと、体内のナトリウムの濃度が下がりますよね?

この濃度が下がるというのが非常に良くないんです。

 

そして、大量に水を飲むというコト。

食塩水に水を足すと、薄まりますよね。
つまり濃度が下がってしまいます。

これと同じ現象が、水の大量摂取でも起こっているというコトです。

 

ではどれぐらいみずを飲むと良くないのか。

これは個人差があるので一概には言えませんが、

通常の人は1.5リットル
日々運動している人や体が大きいもしくは太っている人は2リットル

これが最適な1日の水の摂取量です。

「そのため毎日3リットル、水を飲みます!」
という人は水中毒になる危険性があるかもしれません。

5リットル以上飲むのは、
1日だけだとしても非常に危険ですね。

水中毒の死亡事故の話

とあるアメリカの大会で、

水飲み選手権があったそうな。

楽しい催しものですね。

 

死亡したのは2位にランクインした女性28歳。

彼女は15分間で7リットルの水を飲みました。

数時間後、家で昏睡状態に陥り、当日中に息を引き取りました。

 

このことからわかることは、

短時間で大量摂取するだけでも

非常に危険だというコトです。

 

もちろん、毎日3リットル!なんて人は、

徐々に変化が現れるわけですから、変化には気が付きやすいですが、

短期間に飲むよりも、積み重ねがはるかに多いので、

気を付けたほうがいいでしょうね。

Sponsored Links