子供の名前

日本脳炎の予防接種によるリスクとは!?

Sponsored Links

 

2013y08m15d_194655708

 

日本には様々な病気に対する予防接種がありますが、

そんな中、日本脳炎の予防接種は問題になっていますよね。

日本脳炎の予防接種によるリスクの部分を見てみる。

 

 

日本脳炎の予防接種によるリスク:初めに知っておくべきこと

基本的にこのリスクと言うのは副作用のことですが、

この副作用は日本脳炎の予防接種をしてから、

2日以内に発生すると言われています。

 

1週間後に発生するというケースもなくはないですが、

その件も結局なぞの部分が多く、副作用なのかどうなのか?

と言う部分は今の医学界でもハッキリとはわかっていないようです。

 

 

Sponsored Links

 

①:発熱

最も多いリスクが発熱を起こすというもの。

しかし基本的に発熱と言う副作用は、

日本脳炎の予防接種をした人の多くが引き起こすので、

そこまで大事に至るものではないのだそうです。

 

ただ日本脳炎は2回目の摂取もするかと思いますし、

2日以内に発熱、つまり日本脳炎の予防接種による副作用と

思われる場合には、しっかり掛かり付けの医師に相談しましょう。

 

②:熱性痙攣、痙攣

続いて多いのがこの痙攣です。

熱性痙攣は発熱による痙攣で、痙攣は

発熱はしていないが、痙攣を起こしているという状況です。

 

これも日本脳炎の予防接種のリスクとしてよくあるもの。

しかしこれも生き死ににかかわる程のものではないと言えます。

 

③アナフィラキシーショック

これは過去数十年渡って、年間500万回以上注射されている中で、

唯一一度だけ起こってしまった重度のアレルギー反応。

結果、アナフィラキシーショックを起こしてしまった少年は死んでしまった。

 

原因は癲癇(予防接種での副作用リスクが高くなる)を持っていて、

さらには体もあまり丈夫ではない上に発育遅延なうえ、リハビリ中だった、

と言う負の要素がかなり重なってしまっていた。

そのため、一応子供に予防接種を受けさせるときには、

体長が万全の時に受けさせるといいかもしれません。

確かに体が弱っているところに予防接種を打つのはリスクが上がりますからね。

 

以上3つが、日本脳炎の予防接種によるリスクです。

 

日本脳炎の予防接種のリスクよりも遥かに怖い発症

ここまで読んでかなり不安に感じる方も多いかと思いますが、

こういったリスクは、日本脳炎に掛かってしまうリスクと比べた場合、

日本脳炎に掛かってしまったときに負うリスクの方が圧倒的に怖いです。

 

日本脳炎の死亡率は高い場合には40%以上ですからね。

確かに不安に思う気持ちもあるかもしれません。

しかし例えば一度目にそのような副作用が起こってしまった場合には

医師に相談すれば、しっかり対応してくれますし、

解熱剤や痙攣止めの薬を出してくれるかとおもいます。

Sponsored Links