子供の名前

急性大動脈解離の前兆って!?

Sponsored Links

 

はじめに

30人以上を乗せた観光バスが東名坂自動車道で急に蛇行。

その原因はバスの運転手が急性大動脈解離で急死してしまったため。

その時は、女性二人がいち早く気付いてハンドルを固定、

男性が、アクセルをは無し、ブレーキを手で押し込めて無事止まったそうです。

 

ですが、問題は無くなったバスの運転手。

彼には、持病や体調が悪かったという報告はまったくなかったそうです。

つまりそれは、『私たちの誰もが急性大動脈解離になりえる』ということ。

非常に恐ろしいことですよね。

なので、急性大動脈解離の前兆がどのようなものなのかということを

書いていこうかと思います。

 

 

Sponsored Links

 

急性大動脈解離の前兆とは?

前兆がどのようなものなのかをわかりやすいように、

急性大動脈解離病気の流れを簡単に書いてみました。

  1. 高血圧+動脈硬化
  2. 動脈の内側に亀裂、内膜が剥がれる(解離)
  3. 時間が経って
  4. 血管破裂

 

①高血圧+動脈硬化

ここは前兆はほぼ皆無ですね。

高血圧な方や動脈が硬化してしまっている人は世の中にたくさんいるかと思います。

しかし、そもそものこの病気の原因はこれなので、

高コレステロール+高血糖値という人は要注意です。

言い換えれば、コレステロールと血糖値を日ごろから

コントロールする以外に対策はありません。

 

②動脈の内側に亀裂、内膜が剥がれる(解離)

前兆があるとしたらこの部分です。

大動脈解離というぐらいですから、血管の内側の膜が剥がれます。

当然、この内膜は血管内を流れます。

 

この時、体のどこかの血管の流れを弱くする、

もしくは止めてしまって虚血状態になってしまいます。

症状が軽い場合には、手足のしびれが起こり、

最悪の場合、心臓発作、腎臓機能障害となります。

他にも、血が流れにくくなっているために、手首で脈をとって見ると

脈がほとんど感じられないというようなこともあるようです。

 

腎臓機能障害では、1日の尿の量が異常に多かったり、

血尿となるなどの症状が出てきます。

心臓発作では、胸痛(刺すような、圧迫感、重苦しいなど様々)が

前兆症状としてあげられますね。

 

上記のような症状が前兆になります。

これらの症状が重なった場合には

至急病院に行った方がいいかもしれません。

 

③時間が経って

人によっては症状がかなり軽いため、2週間以上放置している人も少なくないようです。

血管が解離してしまったとはいえ痛みを感じるわけでもないし

、普通に血は流れていますからね。これはそれほど、自覚症状が薄いということです。

そして、通常の死亡率は40%程度と言われていますが、

放置している人の死亡率は75%。出来るだけ早い段階で気づくことが重要になります。

 

④血管が破裂

もうこうなると、出来るだけ早く、病院で手術するしかありません。

 

 

最後に

生存率を高く見積もっても70%というところです。

60%ぐらいが平均的なところと言っていいでしょう。

しかも、自覚症状もほとんどなく非常に気づきにくい。

それほど恐ろしい病気と言っていいです。

 

この病気は、高血圧と動脈硬化が原因ですので、

日本人の生きる誰もが、なりうる病気を言えます。

自覚症状をいろいろ伝えましたけど、正直私たちがこの症状に見舞われた段階で

これらに気付くとは到底思えませんよね。

そう考えるとやはり、日ごろからの健全な食生活を送ること以外に

対策は無いと言っていいかもしれません。

Sponsored Links