子供の名前

寒暖差アレルギーで咳、鼻水が止まらない!!薬とか対策や時期は?

Sponsored Links

 

2014y04m19d_171342019

『うー、咳、鼻水が止まらない・・・』

『ヤバイ、これは風邪だわ~』

『でも待てよ?熱が無い・・・』

 

こんな人は寒暖差アレルギーかもしれません。

昼外出ると20度以上あるのに、

朝起きたときは10度以下・・・

そんな時に起こるのが寒暖差アレルギー。

名前の通り、温度の日較差

つまり1日最高気温と最低気温の差が激しいほど、

このアレルギーが起こります。

 

それでは、寒暖差アレルギーの特徴、

咳、鼻水について、

そして薬、対策などを紹介していきます。

 

Sponsored Links

 

寒暖差アレルギーの時期は・・・

寒暖差が起こるのは、

冬から春、秋から冬と言った、

季節の変わり目に起こりやすいです。

 

つまり、1日の気温の差が激しいほどに、

起こりやすいです。

そのため10月、11月、4月、5月が

一番多いかもしれません。

寒暖差アレルギーの咳、鼻水と熱

寒暖差アレルギーの特徴は

鼻水や咳が出るのに、

熱が出ないというコトがほとんどなんです。

そもそも寒暖差アレルギーはこうやって起こる

人間が基本的に対応可能な

気温の差は7度というように言われています。

となると、上で例を出したような

昼は20度以上なのに、

朝は10度以下というような1日では、

人間はうまく対応できなくなってしまうのです。

 

この上手く対応できなくなってしまった結果、

自律神経が乱れてしまい、

咳や鼻水が止まらなくなってしまうんです。

 

しかし風邪をひいているわけではありませんので、

発熱は出ないんですね。

 

話は少し戻り、

このように気温の差が原因なんですが、

一般的には服装などによって、

体温を調節することによって、

このような乱れを起こさないようにしています。

 

寒暖差アレルギーは薬療法よりも・・・

寒暖差アレルギーで

重要になるのは、体温調整です。

そして、体温を調整するために

服を着ましょう。

着込みましょう。

 

もちろん熱いときには着衣を脱ぎましょう。

 

このように服の着脱によって、

寒暖差アレルギーに対応可能です。

 

寒暖差アレルギーは男性よりも女性

寒暖差アレルギーは

男性よりも女性のほうがなりやすい傾向にあります。

 

これは単純に筋肉量の差です。

 

筋肉は体の中で

最も熱を発する部分ですので、

女性のほうが筋肉が少ないため、

寒暖差に対応できなくて、

寒暖差アレルギーに陥ってしまう可能性が、

高くなってしまいます。

 

そのため、もしこれを読んでいる方が

もしかしたら寒暖差アレルギーかも?

と思っている人がいて、あなたが女性なら

それはそれなりに寒暖差アレルギーの可能性が高いですね。

 

まずは服の着脱から始めましょう。

Sponsored Links