子供の名前

ボンベイ型は日本人にいるの?有名人は?確率、割合はこのぐらい!

Sponsored Links

 

2013y08m31d_090244113

人の血液には、A型、B型、O型、AB型があります。

そしてもう1つ、かなり珍しい胃血液型があります。

それがボンベイ型。この超希少な血液型、ボンベイ型について

少し解説していきます。

 

 

Sponsored Links

 

ボンベイ型の日本人の数

ボンベイ型というのは、現在日本では20人~50人しかいないと言われています。

そのため、海外、日本人合わせても、

ボンベイ型の有名人というのはいないと思っていいかもしれません。

 

基本的にボンベイ型はボンベイ型同士でしか、

輸血できませんので、

そのような場面になった場合は・・・

 

ボンベイ型が急な事故に陥った場合には大変なことになります。

なぜなら、血がありませんからね。

 

一方、手術などの場合には、前もって手術前に

必要な分の血液を献血しておくので、そのあたりの心配はないでしょう。

輸血が必要な大きな事故にはかなり気を付けなければいけないですね。

 

しかし昨今ではソーシャルネットワークサービス(SNS)が普及して

RH-を始め、珍しい血液型同士でコンタクトを取ることも出来るので、

それぞれが同じ血液型のために、定期的に献血をすることによって、

大きな事故による輸血用血液の不足も補うこともできるかもしれませんね。

 

しかし逆にこれ以外では、ボンベイ型が身体的に劣るとか、

健康面でなにか異常をきたすということもありません。

ボンベイ型の遺伝が気になる方はコチラ。

 

ボンベイ型の確率、割合は?

ボンベイ型の確率は100万人に1人と言われています。

日本での割合は20人~50人と言いましたが、

これは日本が島国であることもあるので、

200万分の1~500万分の1と割合が下がっているんですね。

 

そして現在全世界の人口は正式には69億人、

非公式には70億人を超えていると言われています。

そのため世界に7000人しかいないことになります。

そう考えるかなり少ないことがわかりますよね。

それほどに珍しい血液型なんです。

 

日本ではボンベイ型は20人~50人なので、

大体1つの都道府県に0人~2人ですね。

そうなるとやっぱり心配になってくるのは、輸血です。

自分の子供がボンベイ型にならないか心配だという方は

ボンベイ型の遺伝に関する記事がありますので、こちらをご覧ください。

 

Sponsored Links