子供の名前

カビがヤバい!トリポスコロンが原因の夏型過敏性肺炎の対策とは!?

Sponsored Links

 

2013y08m09d_140224463
夏場になると、カビが大量発生しますよね・・・

そして、そんなカビで有名なのは、

ススカビ、クロカビですよね。

しかし実はトリポスコロンと言うカビが危険だと言われています。

トリポスコロンとはどんなカビ?

トリポスコロンは、

上で述べたようなクロカビやススカビの

下に隠れて目に見えないほどの非常に小さいカビです。

 

あまり聞くカビの名前ではありませんが、

最近の増えだしたカビと言うわけではなく、

昔からこのトリポスコロンはありました。

 

季節は、梅雨の時期に繁殖して、

夏場になると、花粉を飛ばします。

このトリポスコロンの花粉を吸うと

風邪によく似た症状を起こすんですね。

 

風邪くらいか、じゃあ大丈夫じゃない?

と思われるかもしれませんが、

このトリポスコロンが原因で、

本題である、夏型過敏性肺炎と言うのが今流行っています。

 

 

Sponsored Links

 

トリポスコロンが引き起こす夏型過敏性肺炎とは

実は上で述べた壁に似た症状と言うのは、

夏型過敏性肺炎の急性型。つまり初期段階です。

 

通常の場合、この初期段階のみで時期が過ぎると

症状が解消されますが、

恐ろしいのが急性型が継続して、慢性型になること。

 

慢性型になってしまうと、

肺機能そのものが低下しているので、

トリポスコロンというカビを吸わない場所でも

症状が継続してしまいます。

 

そして、このまま放っておくと、

呼吸不全に陥って、最悪の場合死んでしまう場合もあります。

なので、この夏型過敏性肺炎には注意してもらいたいですね。

 

夏型過敏性肺炎の対策

トリポスコロンは別に特別な場所に繁殖するカビではなくて、

台所、エアコン、浴室などを定期的に清掃、喚起をするだけで

対策を行うことが出来ます。

 

20~30℃ぐらいで繁殖して、

60%以上で繁殖が促進され、

80%以上でさらに繁殖が促進されます。

 

基本的にカビは花粉を飛ばしていますので、

掃除した後もしっかり喚起して、空気中の花粉も

排除しておきましょう。

 

マスクは効果がある?と言うことについてなんですが、

よく勘違いしている人が多いんですが、

マスクはくしゃみ時などの唾液などを

まき散らさないようにするためのものです。
外気の菌を遮断するためのものではありません。

なので、トリポスコロンの対策に

マスクはまったく意味がありません。

 

補足:マスクの話

良く風邪でもないのにマスクをつけている人がいますが、

あれはまったく意味がありません。

理由は上記のとおり、マスクは

外気の菌を遮断をするようにはできていないからです。

 

しかしもちろんですが、外気の菌遮断用のマスクもあり、

N95マスクがかなりおすすめですね。

大体20枚入りで3500円前後ぐらいとかなり高いですが、

これは医学などで利用する専門的な用具なので

信頼度はかなり高いかと思います。

Sponsored Links