子供の名前

エボラ出血熱とは?日本は?致死率は?どこから感染?

Sponsored Links

 

2014y04m05d_182119973

エボラ出血熱とは

エボラ川というのがあるんですが、

その川がある地域にて

発病者が出たというコトでこの名前が付いたんだそうです。

映画などでよく出てくる難病の一つだったりしますが、

良く出てきすぎて、あまり聞かないので、

本当に存在するんだ~

という人も少なからずいるのではないでしょうか?

本当に存在するんですよ。

エボラ出血熱の症状

出血熱、

名前の通り、

まずは高熱が出ます。39度以上の場合が多いようですね。

その数日後に、鼻から口から

大量に出血して、死に至ります。

空気感染はあまりなく、

どちらかというと、血液や排せつ物、唾液による

飛まつ感染が多いようですね。

綺麗にされていない、医療器具からの感染も

昔は非常に多かったようです。

 

Sponsored Links

 

エボラ出血熱と日本

実は1992年に1度、

日本に侵入している事実があったりします。

アフリカで感染した日本人が帰国してから、

発症、大量出血で死亡という事案ですね。

とはいうものの、今現在の日本では、

徹底に徹底されているので、

入ってくることは、まあほぼないのではないかと思います。

そんな簡単に入ってこられても困るんですが。

エボラ出血熱の致死率は高いけど・・・

実は、エボラ出血熱というのは、

致死率80%ですが、

それほど、強いウイルスではありません。

基本的に、恐ろしいのは致死率3%~30%ぐらいのウイルスです。

これはどういうことかというと、

単純に感染確率のものです。

例えば、インフルエンザ。

あれは非常に致死率が低いですよね?

その結果、何百万人という人が毎年

日本でも感染しています。

つまり、ウイルス的には、

『感染を拡大させたい!』わけですが、

あまりにも致死率が高いせいで、

感染を拡大できない。というわけ。

その代表例がこのエボラ出血熱ですね。

事実、エボラ出血熱による死者は

これまでに確認されてるもので700人程度と、

意外と少ないんです。

これは、単純に、感染した人が、

他の人に感染させる前に

死んでしまうからなんですね。

ちなみにですが、

マラリアという病気は、

2010年65万5千人もの死者を出しています。

マラリアの致死率は3.3%。これが恐ろしいウイルスです。

もちろん、エボラ出血熱もかなり恐ろしいんですけどね。

エボラ出血熱はどこから感染するの?

基本的に、ゴリラ、サル、コウモリ。

この3つからの感染が多いようです。

これは、西アフリカに上記を食用にして

食べる習慣があったことが、

多き原因とされています。

ゴリラ食べちゃだめでしょう・・・

ちなみに、上で紹介した日本人も、

西アフリカに、ゴリラを見に行って帰ってきた矢先

発症したのだそうですよ。

Sponsored Links